一時的な副作用はあります

女性

短期間だけ起こるボトックス注射の副作用

ボトックス注射は、美容効果があると話題の施術になります。その上、副作用が出ることも滅多にありません。しかし、施術後の数日はちょっとした副作用の症状が出てしまうようです。例えば、多くある症状として内出血があります。ボトックス注射は極細の注射針を使用していますが、その際に細い血管にあたってしまうこともあります。そのため、施術場所に内出血が現れてしまうようです。ただ、この内出血は1週間ほどで無くなる一時的なモノなので、施術を受けた美容外科に再び受診する手間はかかりませんよ。しかし、1週間経過しても内出血が治まらなかったり、内出血の状態がひどかったりする場合は、施術を受けた美容外科に再診してもらうようにしてください。また、内出血以外の副作用の症状として筋力が低下してしまうこともあります。顔にボトックスを注入した場合、顔の筋肉が引きつった状態になり、表情が上手く作れなくなることもあるでしょう。けれど、その副作用も短い期間で無くなるようです。約2週間くらいで緩んだ筋肉も通常の筋肉の状態に戻り、美容効果だけが発揮される形になるでしょう。その他にも、ボトックス注射で起こりうる副作用の症状はあります。それは、倦怠感です。腕や肩にボトックス注射を行うと、その部分が痩せていく効果を発揮する分、だるさを感じることもあります。ひどい場合だと微熱が出てしまい、強い脱力感が出てしまうでしょう。ただ、他の副作用と同様にだるさも一時的に感じるだけなのでそれほど心配することも無いでしょう。
様々な美容効果が期待出来るボトックスには、内出血・筋力低下・だるさの3つの副作用がありますが、これらは特に美容外科に再診して処置する必要もなく、短い期間で自然と改善されていくでしょう。そのため、あまり副作用の心配をして、ボトックス注射を避けなくても大丈夫ですよ。

Copyright© 2019 キレイに変身出来るボトックス!気になる効果と利点等を要チェック! All Rights Reserved.